reyn spooner×Complex Biz
ハワイの風を感じることの出来る、最高にHappyでプレイフルなヘアアクセサリー。

この夏、Complex Bizからハワイアンシャツのパイオニア「reyn spooner」とのコラボレーションアイテムが登場します。

 

 
reyn spoonerは創業者のレイン氏とスプーナー氏がハワイ・オアフ島で出会いタッグを組んで誕生したハワイアンシャツのパイオニア的ブランド。
 
今回のコラボレーションでは創業から作り溜められている2000種類にも及ぶプリントパターンから、ブランドを代表する柄「ラハイナセーラー」をはじめハイビスカスやパイナップルといったハワイらしいモチーフをピックアップしました。
 

 
 
レインスプーナーのテキスタイルを存分に楽しめるように、ヘアバンドやシュシュなど生地をたっぷり使ったアイテムをセレクトしています。
 
 
 
バンスクリップもテキスタイルを活かしたデザインが登場。夏の装いに映える、陽気で華やかなカラーが印象的。
 
 
思うまま旅に出ることができない昨今。日本に居ながらリゾート気分を味わえる、目にも楽しいテキスタイルで一気に開放的なムードに!
 
 

 
 

L I N E  U P

全17種
夏のまとめ髪に最適なアイテムをラインアップ。 結ぶだけ、着けるだけ、テクニックいらずの ワンステップで 即リゾートスタイル。
 


 
CHOU CHOU
11,000円〈全5種〉

 


 
VANS CLIP
14,300円〈全3種〉

 


 
BANANA CLIP
19,800円〈全3種〉

 


 
HAIR BAND(カチューシャ)
16,500円〈全3種〉
 


 
HAIR BAND(ターバン)
14,300円〈全3種〉
 


 
 

P A T T E R N

全10種
 
LAHAINA SAILOR
ブランドを代表する柄。ルーツはマウイ島の捕鯨漁で有名なラハイナ村の漁師が愛用していたバンダナ柄で、ハワイゆかりの州旗、州花、州鳥、州木が格子状にレイアウトされています。
 
 
OKOLE MALUNA
ハワイ語で「乾杯!」の意味。ウクレレ、サーファー、フラダンスなどのハワイのイメージがレトロに描かれ、ヴィンテージハワイを想起させます。
 
 
HANA IN PARADISE
マウイ島の東側、ハナへの道から着想を得た模様。高くそびえる滝や活気に溢れた熱帯林など美しい景色に触発されたデザインです。
 
 
HIBISCUS ORCHARD
ブロックプリント技術で作成されたハイビスカス。シンプルなグラフィックパターンで鮮やかな色が輝きます。
 
 
POLOLU
ハワイ島の最北端にあるポロルー渓谷に着想を得て、高度に様式化されたハワイアンハラツリーが特徴です。
 
 
PLENTY PINEAPPLES
Aloha state(ハワイ州)に人々を迎える気持ちを込めたトロピカルパイナップル柄。
 
 
ORCHID BLOOM
(ブルー)
このクラシックなアロハシャツのパターンは、水彩調に描かれた熱帯の花や蘭のモチーフ。バンスクリップに使用。
 
 
ORCHID BLOOM
(ピンク)
このクラシックなアロハシャツのパターンは、水彩調に描かれた熱帯の花や蘭のモチーフ。ヘアバンド(カチューシャ)に使用。
 
 
ALYSSUM
アリッサムの花をモチーフにしたブランドの伝統的なパターンの1つ。切り絵のようなシンプルなシルエットが特徴です。
 
 
KAHANA VINE
オアフ島北東部の自然が美しいカハナバレーに生息する植物をモチーフにしたデザイン。

 

S P E C I A L

 
レインスプーナーとのコラボレーションアイテムを店頭にてご購入いただいた方に先着で「 HANA IN PARADISE」柄のオリジナルショップ袋を差しあげます。
 
 
※無くなり次第終了とさせていただきます。
※オンラインショップは対象外となります。
 

【発売スケジュール】
6/16〜 松屋銀座店
6/23〜 ジェイアール京都伊勢丹、新宿タカシマヤ、松坂屋名古屋店、オンラインショップ、ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜
6/25〜 大和香林坊店
6/30〜 銀座三越店
7/7〜 阪急うめだ本店、大丸福岡天神店
7/14〜 日本橋三越本店、東武百貨店 池袋店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、大阪タカシマヤ、大丸神戸店、西宮阪急店、大丸京都店、岩田屋本店、博多阪急店、鶴屋百貨店
7/28〜 大丸札幌店
8/4〜 伊勢丹新宿店

 

about  reyn spooner

 
reyn spoonerはハワイアンシャツのパイオニア的な存在であり60年近く経った今でもハワイを代表するブランドとして世界中で愛されています。reyn spoonerの歴史は1956年カルフォルニアとハワイで紳士服店を成功させた創業者レイン マックロー氏が、当時オアフ島ワイキキビーチでカスタムメイドのサーフトランクスを販売していたルース・スプーナー氏と出会ったところから始まります。その後2人はタッグを組み、1962年 Ala Moana Shopping Centerにてreyn spoonerが誕生しました。reyn spoonerの大きな特徴は2000種類にも及ぶ創業から作り溜められているプリントパターンと創業者によって考案されたコットン55%、ポリエステル45%のスプーナークロスという独自の混紡素材です。洗いざらしたような風合を表現するためにプリントを裏返しにするという革新的な方法でハワイアンシャツのステータスブランドとなりました。アイビースタイルを彷彿とさせるフォーマルさを備え、60年経った今でも常に新しいデザインを取り入れながらHAWAIIAN TRADITIONALSのプライドと共にモノづくりを行っています。